2019年成人式だった息子が急性アルコール中毒で救急車で運ばれた時のお話

Photo by Chris F on Pexels.com
急性アルコール中毒

 

2019年1月14日は成人式でしたね。

我が家も息子が成人式でした。

私は朝から嫌な予感がしていたんです。そしてそれが的中しました。

成人式当日の朝

当日の朝は慣れないスーツを着て慣れないネクタイに苦戦している息子。祖父たちに貰ったお祝い金をお財布に入れていたので「必要以上にお金は持っていかないこと!」とだけ注意をして送り出しました。

その後に あっ、お酒のことも言っておけばよかったな。と頭をよぎりましたがそのままでした。

息子は地元のお友達が大好き。中学から私立に行かせたので疎遠になってしまうかも、との心配もよそにいつも遊んでもらっています。

男の子が一晩帰って来なくたって母は心配なんてしません。ましてや成人式でみんなでワイワイやっているのだろうから。せいぜい明日、二日酔いで苦しむのかな?程度にしか考えていませんでした。

救急搬送されたとの知らせ

そして深夜1時半頃。ピンポーンとチャイムが鳴ったので息子が酔っ払って鍵が開けられないのかな?と思い、出ると男の子と女の子2人が。「私、Aくん(息子)の友達です!Aくんがお酒を飲みすぎて救急車で運ばれました!」と。

 

話を聞いてみると1件目で飲んでから近くのお友達のご両親が経営している小料理屋で飲んでいる時に一気飲みをして潰れてしまい、そのうちに目が白眼をむいて口から泡を吹いて舌を出しているので救急車を呼んだ方がいいと判断して呼びました。みんな酔っ払っていて私達とEくんしか素面でないのでEくんが救急車に一緒に乗って行きました。まだ受け入れ先の病院が決まってなくて連絡待ちです。私たちがついていながらこんなことになってしまってすみません。と、とてもしっかりした子で。ちなみにこの子は有名アイドルグループの人気上位の子の妹で、とっても可愛くて小学生の時によく家に遊びに来てくれていて、久しぶりに会って「私、Rです」と言われて「やっぱり?綺麗になったねぇ」などと会話をする余裕がありました。そんな会話をしているとEくんから連絡が入り、受け入れ先の病院が決まったとのことで、近くで救急車のサイレンが鳴り出しました。あぁ、息子の乗った救急車だなと思いました。

病院へ向かう

寝ていた主人と病院に行く途中、私はもしかしたら息子は死ぬのだろうか。そしたらみんなはお葬式に来てくれるだろうか、などと至って冷静でした。病院に着くとEくんが真っ先に僕たちがついていながらすみません。とまた謝罪されました。息子がこんな時にみんなは本当にしっかりしているので恥ずかしくなりました。

救急治療室に入ると白い普通のマスクをした息子が寝ています。点滴をされ、心電図をつけられていました。お医者様からは急性アルコール中毒で今、血中のアルコール濃度を薄くする点滴をしています。点滴が終わったら寝るだけなので連れて帰ってください。と言われて姿を消し、その後最後まで現れませんでした。

約1時間で1リットルの高速の点滴が終わり、ただ寝ているだけの息子を看護師さんと私たちでどんなに強く叩いて大きな声で呼びかけてもピクリともしません。看護師さんが困って先生に連絡をしても帰してくれ。としか言われず、ここは救急なので次の患者さんが来たら場所がないのでと朝まで寝かせておいてはもらえませんでした。

仕方なく最終手段の車椅子に乗せて車に乗せましょうということになり、当直で寝ていただろう先生が現れ、4人がかりで車椅子に乗せたらまた嘔吐しだし、寒空の中、車に乗せるまで続けていました。

なんとか車に乗せ終わったらもう病院の方たちはぴしゃりとドアを閉めていなくなっていました。そりゃバカみたいなお酒の飲み方をして具合が悪くなったのだから迷惑極まりないわけで、ご丁寧にお見送りをしてくれるわけがありません。

家へ帰る

家に着いたら息子を部屋まで連れて行かなくてはいけません。この時だけ意識を取り戻し、トイレに籠りまた嘔吐。その間にビニールや要らなくなったバスタオルをベッドに敷き詰めたりしながらネットで調べると急性アルコール中毒で死亡した例ばかりが出てきます。

点滴もしたので少しは安心したもののやはり心配なので、寝てからは時々確認をしに行き、私は一睡もできませんでした。

急性アルコール中毒の翌日

お昼頃に起きてきて話をすると、一気飲みした後からの記憶は全くないそうで、どれだけ、誰に迷惑をかけたかを話しました。そしてまた夕方まで寝ていました。

点滴のおかげなのでしょう、普通の二日酔いは辛いと思いますが、夕方には食欲旺盛でもりもりと食べ、ご迷惑をおかけしたお店へ謝罪に行きました。気分も全く悪くないそうです。

夜には仕事から帰ってきた主人と懇々と説教したのは言うまでもありません。

 

まとめ

今回、50人ほどで同窓会をして大勢の子が酔っていたそうで、下手をしたら息子がこんな状態になっているのも気が付いてもらえないで命の危険があったかもしれません。知らせてくれたRちゃんが心配して救急車を呼んでくれたのが不幸中の幸いでした。

今回のことでいろいろな方にご迷惑をおかけしたことを教訓にきちんとした大人になってもらいたいものです。